キャッシングの金利はいくら?

キャッシングは金利が高いと言われることが多いですが、実はこれはサービスによって異なっていますし、借りる人によっても異なっています。
まずどのようにして決まるのかを把握しておくべきでしょう。
キャッシングに関しては、銀行であろうが消費者金融であろうが、貸し付けを行うときの利息は利息制限法で制限されています。
利息制限法の中では利率が定められていて、10万円未満は20%、10万円以上100万円未満は18%、100万円以上は15%と上限が定められていますから、これよりも低い利率で貸さなければなりません。
もしもこれを超えていれば違法業者です。
大手の消費者金融や銀行などであれば問題はないとは思いますが、念のために確認しておく事は必要でしょう。
銀行カードローンの中でも金利が安く人気なのがバンクイックです。
バンクイックについては借入クイック※三菱東京ufjカードローン早分かり情報を参考にしてください。
利息制限法の上限以下に定められるのですが、どの水準になるのかは審査によって決まります。
金融機関がそれぞれで基準を定めていて、その基準によって決まるのです。

傾向についてですが、返済能力の高い人ほど低金利になる傾向があります。
これはキャッシングに限ったことではなく、融資を受ける際には共通して言えることです。
ですから、例えば年収が高くて安定した職業に就いていれば、返済能力は高いと見なされるでしょう。
そのために、低い金利で借りることができる場合が多いです。
しかし、そうではなくて勤続年数が短かったり、あるいはフリーターなどの非正規雇用として働いていたりすると返済能力が低いと見なされることが多いです。
ですから、キャッシングに申し込みをしたとしても、高い金利で契約をしなければならないことが多いです。

例えば転職をしたばかりのときに申し込みをするよりも、転職をする前の方が有利になる事が多いです。
転職をしたばかりなら金属年数が短いために、返済能力が低いと判断されることが多いのです。
返済能力が高い状態の時に契約をすれば、有利な条件で借りることができるでしょう。